Tag Archives: リネン、肌掛布団、夏用

寝具の長持ちさせるには

お客様から、布団はどのくらいもちますか?との問い合わせをよく頂きます。

寝具は一生もつものではないので、マットレスで7~10年、敷き布団では3~5年 枕は1~5年が目安といわれています。

少しでも長く使う秘訣は、よく干すことです。湿気がたまりやすい、背中が当たる敷き布団と、マットレスの上に敷くベットパットは週に1度は天日干しをしたり、布団乾燥機で乾燥させたり、するといいようです。

急がしてく時間が取れない場合は起床時に15分くらい扇風機の風をあてるのもいいでしょう。

一年中同じベットパットを使っていいのは、ホテルのような空調が効いている場所だけです。

日本の場合は、季節に合わせてベットパットを夏は麻、冬はウールに替えるだけで、快適性が高まります。

麻敷きパット新風薫るリネン敷パットimg6 

キャメルハイパイル敷パットキャメルハイパイル敷毛布img6

 

 

リネンの肌掛け布団

夏に使うふとんといえば、涼しくて汗をよく吸ってすぐ乾いて肌触りがよくて、

いつもさらさらで気持ちのよいものが、リネン肌掛け布団です。

お手入れも簡単で、手軽に洗濯機で洗えて、いつも清潔に

お使いいただけます。

今年の夏は特に暑いので、リネンの肌掛け布団で快適にお休み下さい。

新風薫るリネン肌掛布団img1