毛布について

■毛布について

毛布(もうふ)は、羊毛などを厚く織って(編んで)起毛などの処理を施した製品で、睡眠中の暖かさを保ち、寒さの程度に応じて複数枚を重ねて使用したり、掛け毛布、敷き毛布として利用方法を変えることもできます。素材によって、重さ肌触りなどに違いがありますが、構造的には、織り毛布、シール織り毛布、編み毛布があります。それぞれに特徴があり、使い心地が異なるので、自分に合う毛布をお探しください。

 

■ 毛布の歴史

1885年(明治18年)泉州(現在の大阪府泉大津市)で縞模様からダンダラ毛布(赤ケット)と呼ばれた最初の毛布が織り上げられ、牛毛毛布第一号が誕生した。しかし、牛毛毛布は臭いがきつく価格も高価で普及しなかった。そこで、牛毛布に少し遅れて開発された綿毛布は、日清・日露戦争の影響を受け、「価格が安い」「綿という素材が嗜好に合っている」という理由で欧州毛布産業から泉州毛布産業が世界市場を席巻し、大正時代にその生産のピークとなった。(ここでいう綿毛布は現在のものとは違い、ゴワゴワしたもの)その後、羊毛毛布の生産が始まり、戦時下(昭和)には綿の代用品としてのスフ(レーヨン)毛布が生産された。戦後1950年台には商品の多様化が図られ、新製品が続々と生まれ、「電気毛布」「夏毛布」「子供毛布」「コタツ毛布」が市場に現れた。そして毛布の生産工程に、大きな変革が見られたのが、1961年のタフティング・マシン、キルティングやラッセルなどの新鋭設備が導入され、1973年にはマイヤー毛布が開発された。その他、パイル製品産地の和歌山県高野口で高級毛布であるシール織毛布が生産開始され、現在に至っている。

60年に1回やってくる辛亥の年(1971年)に紫色の寝具を使えば、長寿が保てる、という言い伝えが、異様なブームを呼び、紫色の毛布がブームになった。「泉大津の空、川、家屋までが紫色に染まった」というほどで、すべての毛布が紫に染め上げられ、その年の暮れには、泉大津から一切の毛布が消えたといわれた。

 

■ 毛布の種類

・織り毛布。織り毛布には綿毛布、シルク毛布、ウール毛布、キャメル毛布、カシミア毛布、アルパカ毛布など獣毛毛布がある。ウールやカシミヤ、キャメルなどは代表される伝統的な起毛毛布。レピア織機やジャガード織機などを使用し織り上げた後、たくさん針が付いたローラー(起毛機)でヨコ糸を毛羽立たせることで風合いを出している。織り毛布は原料が高く高級毛布として販売さ れているが、ドライクリーンニングや手洗いが多く、取り扱いもナイーブな商品である。原料が高い天然繊維は保温性が高く、放湿性も高いので、体に優しく、いい睡眠がとれるとされている。産地は大阪府泉大津地域。

・マイヤー毛布。カールマイヤー編機を用い、極細番手の原糸を編んだ、毛足の長い立毛が密生した肌触りの良いニット毛布。2枚の地布(グランド)の間をパイル糸で編み上げ、パイル糸の中央をカットして2枚に分け、風合いを良くする加工を施した後、パイル面を表にして張り合わせて仕上げている。

・ニューマイヤー毛布。片面がマイヤー編、片面が起毛された毛布で、軽くて暖かな1枚タイプの毛布。

・タフト毛布。基布に植え付けたパイル糸を起毛した毛布。現在は災害用として使用されることが多い。

・シール織毛布。シール織り毛布は織り込まれたパイル糸を表に引っ張り出す独自の製法により発達し、シールはアザラシの毛皮の意味。シール織りは綿やウール、シルク、などの天然繊維を原料とする。両面のパイルが挟み込まれて織られているので、洗濯による形状変化が少なく、肌触りが柔らかな毛布。一般的には織りの起毛毛布よりシール織り毛布や編みのマイヤー毛布のほうがパイルが抜けづらいとされている。

織り毛布や編み毛布は原料が安い為、現在はほとんどが中国製品になっている。製造ロットが大量生産型な上、化学繊維は取り扱い易く、設備が最新であれば製造し易い側面がある。保温性は高いが放湿性がない為、蒸れ感が気になる方は睡眠の質に影響する。

 

■ 素材分類

【天然繊維】

・綿 組織には織りと編みがあり、それぞれ番手の違う糸が使用され洗濯性に優れている。

・絹 美しい光沢があり、保湿性に優れている。

・毛 羊毛と獣毛に分類される。

・羊毛 メリノ種が使用されることが多く、繊維の太さが比較的均一で、細く柔らかいことが特徴である。

・カシミヤ 産地により繊度や色あいが異なる。原毛は色によって区分けされ、ホワイト色の原毛が最も高価とされる。繊度は細く柔軟で、保温性、吸湿性に富み、光沢とヌメリ感がある。中国産の繊度は14.5~16.5μmと非常に細く柔らかである。(原産国は、中国、モンゴル、イランなど)

・アルパカ 羊毛と獣毛の両方の特性を持ち、光沢やヌメリ感があり、柔軟である。繊度はベビーアルパカで平均21~23μm、アダルトアルパカで平均27~28μmで、繊維長は100~300mmである。(原産国は、ペルー、チリなど)

・キャメル フタコブラクダから取れるキャメルの毛質はカシミヤに似ているが、繊度がカシミヤより太く、平均18~23μmである。柔軟、軽量で保温性に富み、吸湿性、弾力性がある。(原産国は、ロシア、モンゴル、中国(チベット)、イラン、イラクなど)

・ビキューナ ビキューナは繊度10~14μm、長さは20~50mmの細く柔らかいうぶ毛である。家畜化が難しいため生産量が極めて少ない品種である。(原産国は、ペルー、ボリビア、チリなど)

 

【化学繊維】

・アクリル 軽くて、かさ高、保温性に優れるなど、化学繊維の中では羊毛に類似した特性もある繊維である。耐光性に優れ、虫やカビにも侵されにくく、発色性が良い繊維である。

・ポリエステル 強く、シワになり難く、耐熱性の高い繊維である。また、速乾性にも優れている。

 

■ 取扱方法

・羊毛・獣毛毛布、シルク毛布

干す際は、直射日光を避け、陰干しする。汚れた場合はドライクリーニングをする。毛乱れが生じたら、毛並みに沿って一定方向にブラッシングすると風合いが良くなる。

・綿毛布

家庭用の洗濯機で洗濯が出来る。毛羽が出易いので、屑取りネットの使用などの対策が必要である。

・アクリル・ポリエステル毛布

手洗い、または、家庭用洗濯機の弱流水で洗濯できる。ドライクリーニングの場合は石油系溶剤でのクリーニングになる。タンブル乾燥は風合い変化を起こしやすいので注意が必要である。

 

■ 毛布製造工程

・精紡

カード機で巻きあげられた糸は、まだ、撚りがかかっていない。「精紡機」は撚りをかける工程。こうして完成した糸は、毛布の巾丈となる経糸(たていと)を精紡機でビームに巻きかえる。一方、緯糸(よこいと)は、ワインダーで紡錘型に巻きかえるが、普通織機用の場合は、さらに「管巻機」によりシャトルに入れる管に巻きかえる。

・製織工程

織機には、普通織機とレピア織機がある。製織には、経糸(たていと)の間にシャトルまたは、レピアで緯糸(よこいと)を往復させ、織りあげていく。最新鋭の織機では、その往復のスピードが1分間に150回、その動きは目でとらえることができない。柄(がら)を織っているのは「ジャガード機」。穿孔(せんこう)された紋紙(もんがみ)によって、緯糸(よこいと)がコントロールされ、指定された模様が織りあげられる。

・染色工程

検反(けんたん)を済ませた毛布は、「洗い」「染色」「水洗い」の工程に進む。

・起毛工程

織りあがったばかりの毛布は、毛布というよりも絨毯(じゅうたん)に似た手触りである。これを「起毛機」にかける。これは、数多くの針布ローラーの組み合わせでできており、毛布は、この針布ローラーの間を通る間に、毛羽立つ(起毛)。起毛は、毛布づくりでは、最も重要な工程のひとつで、起毛師は、指定された風合いを生み出すためには、かなりの熟練を要する。

・シャーリング

起毛が終わると、次の工程は「シャーリング」であり、毛羽の長さを一定に刈り揃え、毛玉を防ぐとともに、色、柄を鮮やかに浮き立たせる。

・編み組

マイヤー毛布は、まず、カールマイヤー機で2枚の地布の間をパイル糸で編みあげ、その間をカットして、2枚に分離させる(センターカット)。プリントや毛さばき、裁断工程を経て、「張合ミシン」でセパレートされていた2枚の毛布の裏と裏を張り合わせる。

・毛さばき

織り毛布は起毛で風合いを出すが、マイヤー毛布は、撚った糸を元の繊維に戻すため針布ローラーで「さばき」、風合いを出す。

・ポリシャー

縮んだ毛布を熱をかけて伸ばし、さらに艶を出して、独特の風合いを出す。

・縁飾り

毛布の四方をテープで縫製する。

シール織り

シール織りは和歌山県の高野口で生産しています。

高野町は国内唯一の総合パイル産地としても有名なところです。

シールとはアザラシの毛皮に似た布地という意味で、光沢と風合いがあり

弾力性、保湿性にも優れています。

構造は両面のパイルがしっかりと挟み込まれて織られていて、

パイルの糸が抜けにくくなっています。

パイル糸が折り込まれているので、風合いもすごくいいものになっています。

名称未設定 1のコピー

シール織りはオールシーズン使用出来る商品です。

これからの季節は、暖かく快適に使うことが出来るでしょう。

使うなら天然樟脳を

衣替えの時期ですね。久しぶりに母のいる実家に行きました。玄関を開けるとナフタリンの臭いでびっくり!!

衣替えの最中だったようで、こんなに防虫剤を使わなくてもいいのにと思うほど使っていました。

母はいまだにやたら防虫剤を使って洋服をしまい安心している人で、

合成の防虫剤の恐ろしさよりも、虫が恐ろしいのかと・・・。

早速、しょうのうを使った天然防虫剤に替えるようにいいました。

使うならぜひ天然防虫剤を!!

kusu消助1

http://www.tennen-ya.com/user_data/repellent.php

クスノキは学校や神社など公共の広場で大枝を広げている木の仲間です。

葉をとって匂いをかぐと、独特の芳香があることに気づかれた人も多いでしょう。

この匂いの成分が樟脳です。樟脳のオランダ語がカンフル。

中国では太古より、ヨーロッパでは6世紀ごろから、医薬に用いられていて、

中枢神経興奮作用があるため、抽出液が文字通りカンフル剤とかカンフル注射として使われたこともあったようです。

現在はのどあめ、うがい薬、歯みがきや皮膚外用薬、また、セルロイドの原料として用いられています。

安心安全な天然防虫剤をぜひおすすめします。

 

 

秋冬のおすすめ寝具

めっきり寒くなりましたね。

我が家も慌てて夏布団を片付けて、冬用の布団を引っ張り出してきました。

我が家の冬の定番アイテムは、「キャメルハイパイル敷毛布」です。キャメルハイパイル敷毛布img2

この「キャメルハイパイル敷毛布」を見ると、冬が来たなと思います。

秋冬寝具というと、毛布や布団などの掛けものをイメージしがちですが、

この「キャメルハイパイル敷毛布」は一度使ったら手放せないです。

いくら掛け布団を工夫しても、床からの冷えは避けることができません。

でもこの「キャメルハイパイル敷毛布」は、床やマットレスから来る底冷えをシャットアウトしてくれます。

掛け布団との間に、あたたかい空気の層を作ることができるので、

自分の体温にポカポカ温められているような心地よさを感じることができます。

そして何より、蒸れないのが嬉しいです。

寝汗をかいて寝床がジメッとしたり、ヒンヤリしたり・・といったことが起こらないので、朝まで気持よく

眠ることができます。

もう5年使っていますが、毛足がよれたりすることもなく、長持ちしています。

 

ますます寒くなりますけど、皆さん風邪などひかないように寝てくださいね。

 

シール織り綿毛布img6

シール織り毛布

シール織りとは?? 

シール織りとは、SEAL(アザラシ)の毛皮のようなふわふわとした風合いな織り方。

両面のパイルがしっかりと挟み込まれて織られており、構造的にパイルが抜けにくくなっています。

表面も、機械的に毛羽立たせた起毛ではなく、織り込まれたパイル糸の撚りをほぐして風合いを出していま

す。ですから、ご使用中に、ピリング(毛玉)にもなり難く、お洗濯を重ねても、毛羽抜けし難いっていう優れし

い特長があるのす。

シール織り綿毛布img6名称未設定 1のコピーシーツのコピー      天然屋はシール織り綿毛布と敷き毛布をご用意しています。

綿毛布・日本製

10月に入って朝晩がすごく寒くなってきましたね。

この時期の寝具は何を使おうか迷ってしまいますよね。

そんな時に綿毛布を使用してみてはどうでしょか?

特に日本製の物は、ふんわりしていて暖かいですよ。

綿毛布はアクリル毛布より、静電気もおこりにくく、アトピーや

喘息の心配も少ないです。

又吸湿性も優れ、ムレにくい、化学薬品も最小限に抑えていて

洗濯機で洗うことも出来ます。

何より綿製品だから、寝ごこちもいいですよ。

 

 

 

綿毛布の洗濯乾燥

綿毛布は自宅でお洗濯と乾燥をすると思いますが、

多少縮みが出てしまいます。

しょうがない事だと思いますが、中性洗剤を使ったほうが、やや縮みが少ないように思います。

中性洗剤にはウールの縮みを防ぐ成分が入っているからです。

それと私は水で洗っています。そのほうがやはり縮みが少ないような気がするんですよね。

乾燥はもちろん自然乾燥です。乾燥機は一番縮む原因になるので、使いません。

他のものとは別に洗うこと。これも色移りが心配なので、別がいいと思います。

乾燥した後はもし毛羽ほこりが出ていたら、思いっきり振って落としますが、

それでも落ちない場合は掃除機で吸う手もあります。

毛羽ほこりがなくなって快適です。

綿毛布の洗濯と乾燥は洗濯機可能の商品なら、基本的に毛布でも洗濯機でジャブジャブ洗いましょう。

清潔に使えるところが綿毛布のいいところですよね。

冬には、キャメルの敷パッドが断然あたたかい。

寒い冬、掛け布団や毛布など、掛けるものを工夫して、なんとか暖かく寝たいと考えがちですが、それと同じぐらい敷寝具の果たす役割が大切だということをご存知でしょうか。

たくさんの布団を着込んでも、重いし、ずれるし・・・で、意外と暖かくないし、重くて疲れてしまうというお話をお客様からいただきます。

そんな時、おすすめしたいのが、保温性の高い敷寝具を使うこと。

床やベッドから来る下からの冷気をシャットアウトするには、敷寝具の機能性が重要です。

天然屋が真冬にイチオシするのは、

キャメルハイパイル敷パッド

キャメルハイパイルSPimg4

キャメルハイパイル敷毛布

キャメルハイパイル敷毛布img6

です。

どちらも、サイズ展開はシングル、ダブルの2サイズ。

両者の違いは、「キャメルハイパイル敷パッド」は中わた入りで厚めの仕様、

キャメルハイパイル敷パット断面図

「キャメルハイパイル敷毛布」は中わた無しで、お手持ちの布団やマットレスの上に敷く薄手の仕様。

表面の毛足の長いハイパイル生地は同じものを使用しています。

お客様からは、「怖いぐらいにあたたかい!!」というご感想をいただくこともあります。

しかも、キャメルの特性上、蒸れにくいので、からっとしたポカポカの暖かさが朝まで続きます。

キャメルは、毛が絡まりにくい毛質なので、ウールのように使っていくうちに硬くなってしまったり、

毛がよれてしまったりする心配もありません。

真冬に、布団にもぐりこむのが楽しみになる敷パッド&敷毛布です。

ハイパイル敷パッドアップ2

裏面はズレ防止用のゴム付です。

キャメルハイパイル敷パット裏

 

Link

夏も終わり少しづつ日も短くなり寒い日が近づいてきます。少し早いですが今回は暖かいシーツをテーマにします。

天然屋の冬といえばもちろんキャメル、らくだですよね。ではなぜにらくだの毛がそれほどまでに暖かいのでしょうか? 実は今も多くのお客様からお問い合わせを頂いています。

ごく簡単に申しますと現存繊維中 最も優れた吸湿性、放湿力は羊毛の約2倍、非常に高い保温性などが上げられますが、

一番簡単にキャメルのすばらしさをわかって頂くには、らくだの生活環境を知っていただくのが一番です。

その環境とは、夏40℃~50℃、冬は-20℃~30℃にもなります。しかもいつも大風が荒れ狂う中、古くから生活しているのです。そんな過酷な環境の中で身体を守っているのが毛なのです。

これでお分かりだと思いますがキャメルの毛は保温性が非常に高く、真冬の寒さからしっかりと       身体を守ってくれます。またキャメル素材は冬のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、          実は夏にもすばらしい効果を発揮するのです。先ほど述べさせていただきました40℃を超える夏の暑さにも耐えることの出来るらくだの毛には熱や汗を吸収し、そして大気に放出する放湿力が非常に高いことがわかりますね。

 

そんならくだの毛を贅沢にも100%使ったハイパイルの敷き毛布は天然屋お墨付きの逸品です。

 

 

暖かい毛布

ここ最近朝晩めっきり寒くなりましたね。 昼の間はまだまだ蒸し暑いので洋服にも困ってしまいますね。 又洋服だけでなく、寝具も何を着て寝たらいいのか迷ってしまいますね。 まだまだ夏用のものを使っている人がおおいのではないでしょうか? そんな時、この秋から販売するシール織り綿毛布はどうでしょうか? 名称未設定 1のコピー 綿なのにとてもふわっとしているんですよ。 その上とても暖かいんです。毛足も短いので今の時期におすすめです。 これから益々寒くなっていくので上手に毛布を利用してはどうでしょうか。