Monthly Archives: 3月 2016

タオルケットについて

■タオルケット

タオルケットは、パイル糸の長いものや、高密度に織り上げたものなど保温性にも優れているので、夏季に限らず、冬季にもオールシーズン活用できます。素材としては綿が圧倒的に多いですが、盛夏用に麻などが使われています。タオルケットは従来パイル織物であり、「パイル抜け」という欠点がありますが、それを解消したのがマイヤー編みのタオルケットです。それまではパイル糸を浮かせて構成する製法でしたが、、糸をタテ・ヨコの基布に絡ませて編み上げたものなど、パイル抜けしにくいものなどが人気の高い商品になっています。反面、経糸(たていと)にポリエステル糸を使用するために重くなり、毛羽抜けの量が多少多いこともあります。

最近は4重ガーゼや6重ガーゼの多重織りガーゼのタオルケット三河地域で開発され、通気性や肌触りのう柔らかさが好評を得ています。片面をパイル織りで片面をガーゼにしている製法も今治で開発されており、両面を使い分けるタオルケットもあります。色やデザイン性だけでなく、吸湿性や肌触りの良さ、洗濯のしやすさ、乾きやすさなどの機能性を考えた設計が必要となります。

 

■ タオルの歴史

タオルの発祥に関する確実な文献はないが、1811年フランスにおいてその原理が考案されたのが最初ではないかと伝えられている。また、タオルの語源は、スペイン語のトアーリャ(Toalla)かフランス語のティレール(Tirer)からきた言葉だと言われている。もともと浴布といった意味であるが、現在は布面にパイルをもつテリー織りのことをタオルと呼んでいる。

日本にタオルが入ってきたのは明治5年、大阪税関の諸輸入品目のなか「浴巾手拭2打、7円60銭」と記録が残っているのが公式に示す最初のもののようである。そして日本におけるタオル製造のはじめは、明治13年頃、大阪の井上コマが竹製のタオルを作ったのが最初で、その後、明治21年には、大阪の綿業家中井蔵右衛門によって浴用手巾織機(打出機)が考案され日本のタオル界に画期的な変革をもたらした。手拭き用としてのタオル需要が主体であったパイル織物は、現在では様々な分野で活用され、お風呂を中心とした水まわり商品、タオルケットなどの寝具関連商品へと発展し、さらに「拭くためのパイル製品」から「着るパイル製品」などへと用途の範囲が拡大している。現在、愛媛県の今治市と大阪府の泉佐野市(泉州)がタオルの二大産地である。

 

 

■ タオルケットの種類

・織りのタオルケット

①織り上げたパイル表面にパターンや柄をプリントしたもの。一般にプリントタオルケットと言われる。今治産地発祥で現在中国製が多い。

②糸を染めてから凹凸のパターンに織ったもの。ジャガード織機で織るので、ジャガードタオルケットと言われる。ジャガードタオルケットにプリントをしたものをジャガードプリントタオルケットと言う。今治産地発祥で現在中国製が多い。

③織り上げたタオルケットを染料につけて全体を染め上げたもの。ズブ染めタオルケットと言われる。今治産地、泉佐野産地で発祥、現在中国製が多い。

④シャーリングジャガードタオルケット、シャーリングプリントタオルケット。シャーリング加工とは、パイル表面をカットしてビロードのようにソフトで滑らかな感触を持たせたものである。このシャーリングは、パイルに比べて表面が緻密なのでプリントが美しく染め上がる特徴がある。しかし、パイルをカットしているので吸水性が落ちることと、2本でつながっていた糸が切断されているので、細いパイル糸が抜けやすくなるという欠点がある。

・同時織りガーゼケット

片面をパイル織りで片面をガーゼにしている製法。今治で生産されている。

・マイヤーケット

糸をタテ・ヨコの基布に絡ませて編み上げたものなので、パイル抜けしにくくなり人気の高い商品になっている。生地にプリントをしたものが多い。

片面をパイルのまま、片面をシャーリング加工したツーウェイケットという製法が愛知県幡豆で開発され、春夏はパイル面、秋冬はシャーリング面を使用し、年間使用できるマイヤーケットもある。愛知県蒲郡や奈良でFBZという織機で生産されているが、現在中国製が多い。

・ガーゼケット

2重ガーゼ生地を縫製で張り合わせる製法のガーゼケットが発祥。縫製技術が高度な為、稀少である。同時織りガーゼという製法もある。愛知県蒲郡産地では4重~6重ガーゼを同時に織り込む技術で織り上げる製法。

 

■ 取扱方法

・タオルケットは製造工程の間で細かいほこりが付着してしまう。初めは細かい粒子が出るが、洗濯ネットに入れて2~3回の洗濯で落ち着いていく。プリントしているタオルケットは、新しいうちは必ず白いものと分けて洗う必要がある。

・タオルケットは長い時間の放置により、折り目の地組織が弱くなったり、退色の度合いが中がわと表面で違ってくる場合があるので、注意が必要である。

・タオルケットのパイルは、使用や洗濯により、パイルが引けて、ほつれが目立つことがある。このような場合は、パイルが引けて伸びてしまった箇所を根元で切ってしまえば、それ以上ほつれが進むことを防止できる。

 

  • タオルケットの構造(マイヤーケット、ガーゼケットは別構造)
  • タオル織りとは、地タテ糸とパイルタテ糸の2種類のタテ糸に、ヨコ糸がが入され、組織された織物である。通常の表と裏に均一にパイルが出たベーシックなタオル織りは、地タテ糸2本、パイルタテ糸2本(表・裏)、ヨコ糸3本が1単位となってタオル織物が作られている。糸の素材は吸湿性の良い綿を主に使用しており、タテヨコだけで織り上げた平織りに比べて、パイルの分だけ吸湿性が高くなる。この吸水はほとんど毛細管現象によるものである。繊維には撚りをかけてあるので、ループ状のパイル強度が高く、空気を多く含む。このパイル糸の目付けを増減させることにより、ボリューム感に変化をつけることができる。欠点としては、パイル糸が抜けやすいことがあげられ、浮かせた状態で織り上げてあるので、パイル糸を引き抜くとタテの部分の1本分が全部抜けてしまう。しかし、抜けたら根元で切ってしまえば、その後の使用に問題はない。

布団について

■布団について(種類)

【掛け布団】

掛け布団は保温性がよく、吸湿・透湿・放湿性に優れ、身体に負担をかけないよう、また、寝返りが打ちやすいようにあまり重くなく、肌触りが良いことなどが要求されます。

掛け布団には和掛け布団と洋掛け布団があり、和掛け布団は手づくりによるものが多く、鏡仕立てや額仕立てといったものがあり、洋掛け布団はキルティングミシンで縫製をしています。

掛け布団の縦サイズは、身長+35cm程度、横サイズは150cm~160cmが標準で、一般的によく使われるサイズは150cm×210cm(シングルロング)です。

【肌掛け布団】

掛け布団より詰め物の量が少なく、春から初夏に使用します。あるいは真冬は掛け布団と重ねて使用するなどの用途を広く使えます。

・合繊肌掛け布団

詰め物には合繊(ポリエステル)わたが使われており、中わた重量は0.8kg~1.2kgである。側生地は綿素材のサテン、タオル、ガーゼなどがあるが、夏向きとして吸湿性の良い麻素材もある。

・羊毛肌掛け布団

詰め物に吸湿・放湿性に優れた羊毛わたが使用され、羊毛100%やポリエステル50%程度ミックスしたものなどがある。キャメルわた使用のものもある。

・羽毛肌掛け布団

詰め物に羽毛が使われており、中わた重量は、0.2kg~0.8kgである。側生地には綿100%のものやウォッシャブルタイプはポリエステル綿混、ポリエステル100%が多い。吸湿・放湿性に優れている為暑い夏でも快適に使用することができる。夏向けには羽根を入れたものが多い。ダウンが50%以上入っているものを「ダウンケット」(羽毛肌掛け布団)、フェザーが50%以上のものを「フェザーケット」(羽根肌掛け布団)として区別している。

【夏掛け布団】

詰め物の量を少なくして、側生地もさわやかなサラッとしたものが使われます。麻のちぢみ、綿のちぢみ、クレープ状、サッカー状など薄くてサラッとした生地を使用し、汗でべとつかない工夫のものが多い。

【敷き布団】

保温性や吸湿・透湿・放湿性が要求されることはもちろんだが、長時間体重を支える為、弾力性や耐久性が大きなポイントになります。同時に、健康維持という観点から、支持性能(正しい姿勢が保て寝返りが打ちやすい適度な硬さ)も必要です。敷き布団の縦サイズは、身長+35cm程度、横サイズは100cmが標準サイズで、一般的によく使われるサイズは、100cm×210cm(シングルロング)です。

・一層敷き布団

ふとんわたを側生地の中へ入れて縫製する。和式仕立て(綴じ)とキルティング加工がある。

・固わた入り敷き布団

中芯の材料として成形された固わたをふとんで包み、その詰め物を、側生地に入れて縫製する。固わたは、樹脂あるいはバインダー繊維で固めたポリエステル固わたと、ウール固わたがある。固わた入り敷きふとんは適度な固さと弾力性がある。

・多層構造敷き布団

固わたやニードルパンチわたを利用して、さらに敷き布団の機能を向上させるために素材を何層かに重ねた製品である。吸湿性に優れた羊毛や綿を一番上の層にして、つぎに吸収した湿気を下へ透過させるポリエステル繊維、さらに敷き布団全体に弾力性をもたせるウレタンフォームを重ねていくなどの多層構造の敷き布団。

 

■詰め物の特徴

・綿(コットン)

繊維に撚りがかかっており弾力性、保温性が良い。また、吸湿性も優れている。打ち直しも可能である。取扱上の注意は放湿性がやや劣るので、こまめに日干しをして乾燥させる必要がある。乾燥させないと重くなり、へたりも早くなる。

・合繊(ポリエステル)

軽く、弾力性があり、保温性が良い。また、ホコリが出ず、衛生的である。ホコリが敏感な人に向いており、取り扱いも楽である。

・羊毛(ウール)

保温性が良く、吸放湿性にも優れている。また、弾力性が良く、難燃性でもある。蒸れ感が少なく、さわやかである。なかでもキャメルは最高級といわれています。取扱上の注意は弾力性はあるが、へたると回復しにくい。保管時に虫喰いに注意が必要である。

・羽毛(ダウン&フェザー)

軽く、嵩(かさ)高性があり保温性に優れている。また、吸放湿性にも優れている。蒸れ感が少なく、さわやかである。取扱上の注意は嵩(かさ)が高いので、収納にやや嵩張る。保管時に虫喰いに注意が必要である。

・真綿(シルク)

繊維が細く、軽く、柔らかく保温性に優れている。肌沿いも良い。取扱上の注意は保管時に虫喰いに注意する必要がある。

 

■布団の手入れ方法

【使い方の注意点】

・布団の本体には生地の傷みや汚れを防ぐため、カバーやシーツを掛けて使用することを勧める。

・人間は就寝中コップ一杯分の汗をかくと言われ、ふとんに湿気がこもるので、ふとんは日干しか、ふとん乾燥機などでよく乾燥させること。

・畳や床に布団を敷いている場合は、基本的に布団の上げ下ろしは毎日行う。布団の上げ下ろしをすることで、カビやダニの発生を防止できる。

【干し方の注意点】

・布団干しに適した日は天気の良い乾燥した日

・干す時間帯は午前10時~午後15時頃(湿度の低い時間帯)

・全面が日に当たるように両面を干す。

・布団生地の傷みを防ぐため、カバーやシーツで覆って干す。

・布団叩き等で強くたたかないこと。強くたたくと布団生地や詰め物を傷める恐れがある。

・布団の表面のホコリを軽く取り除くように軽くはたく程度にする。ホコリが気になる場合は、布団の表面に布団専用ノズルを使い掃除機をかけて取り除く。

【洗い方の注意点】

・部分的に布団生地が汚れたら、すぐにつまみ洗いし、十分乾燥すること。

・クリーニングする場合には、専門業者か、寝具専門店に依頼し、家庭での水洗いは、「ウォッシャブル」などの表示がある薄い布団以外は避けること。

・一般家庭での洗濯が可能なふとん(ウォッシャブル)の洗い方

①洗濯機を使用する場合は、洗濯機の取扱説明書に従うこと。

②乾燥は風通しの良い日陰に干し、軽く叩いて詰め物のの片寄りを直し、形を整えて広げて、十分に乾燥すること。

③洗濯水の温度及び洗剤は次のものを使用すること。

・羊毛(ウール)布団、羽毛(羽根)布団

洗濯水は30℃以下、洗剤は中性洗剤を使用。

・合繊(ポリエステル)布団

洗濯水は40℃以下、洗剤は合成洗剤(側地が生成・淡色の場合は蛍光剤の入っていない洗剤を使用)を使用。

 

■収納と保管

・湿気の少ない場所に、敷き布団は下に、掛け布団は上に収納すること。

・しばらく使わないときは、一度日に干してから、カバーやシーツをはずし、湿気の少ない場所に保管すること。

・ダニやカビを防ぐため、使わない間でも、時々日に干し、押入れも乾燥させること。

・布団圧縮袋に長期保管すると、布団の嵩(かさ)高がなくなる。

毛布について

■毛布について

毛布(もうふ)は、羊毛などを厚く織って(編んで)起毛などの処理を施した製品で、睡眠中の暖かさを保ち、寒さの程度に応じて複数枚を重ねて使用したり、掛け毛布、敷き毛布として利用方法を変えることもできます。素材によって、重さ肌触りなどに違いがありますが、構造的には、織り毛布、シール織り毛布、編み毛布があります。それぞれに特徴があり、使い心地が異なるので、自分に合う毛布をお探しください。

 

■ 毛布の歴史

1885年(明治18年)泉州(現在の大阪府泉大津市)で縞模様からダンダラ毛布(赤ケット)と呼ばれた最初の毛布が織り上げられ、牛毛毛布第一号が誕生した。しかし、牛毛毛布は臭いがきつく価格も高価で普及しなかった。そこで、牛毛布に少し遅れて開発された綿毛布は、日清・日露戦争の影響を受け、「価格が安い」「綿という素材が嗜好に合っている」という理由で欧州毛布産業から泉州毛布産業が世界市場を席巻し、大正時代にその生産のピークとなった。(ここでいう綿毛布は現在のものとは違い、ゴワゴワしたもの)その後、羊毛毛布の生産が始まり、戦時下(昭和)には綿の代用品としてのスフ(レーヨン)毛布が生産された。戦後1950年台には商品の多様化が図られ、新製品が続々と生まれ、「電気毛布」「夏毛布」「子供毛布」「コタツ毛布」が市場に現れた。そして毛布の生産工程に、大きな変革が見られたのが、1961年のタフティング・マシン、キルティングやラッセルなどの新鋭設備が導入され、1973年にはマイヤー毛布が開発された。その他、パイル製品産地の和歌山県高野口で高級毛布であるシール織毛布が生産開始され、現在に至っている。

60年に1回やってくる辛亥の年(1971年)に紫色の寝具を使えば、長寿が保てる、という言い伝えが、異様なブームを呼び、紫色の毛布がブームになった。「泉大津の空、川、家屋までが紫色に染まった」というほどで、すべての毛布が紫に染め上げられ、その年の暮れには、泉大津から一切の毛布が消えたといわれた。

 

■ 毛布の種類

・織り毛布。織り毛布には綿毛布、シルク毛布、ウール毛布、キャメル毛布、カシミア毛布、アルパカ毛布など獣毛毛布がある。ウールやカシミヤ、キャメルなどは代表される伝統的な起毛毛布。レピア織機やジャガード織機などを使用し織り上げた後、たくさん針が付いたローラー(起毛機)でヨコ糸を毛羽立たせることで風合いを出している。織り毛布は原料が高く高級毛布として販売さ れているが、ドライクリーンニングや手洗いが多く、取り扱いもナイーブな商品である。原料が高い天然繊維は保温性が高く、放湿性も高いので、体に優しく、いい睡眠がとれるとされている。産地は大阪府泉大津地域。

・マイヤー毛布。カールマイヤー編機を用い、極細番手の原糸を編んだ、毛足の長い立毛が密生した肌触りの良いニット毛布。2枚の地布(グランド)の間をパイル糸で編み上げ、パイル糸の中央をカットして2枚に分け、風合いを良くする加工を施した後、パイル面を表にして張り合わせて仕上げている。

・ニューマイヤー毛布。片面がマイヤー編、片面が起毛された毛布で、軽くて暖かな1枚タイプの毛布。

・タフト毛布。基布に植え付けたパイル糸を起毛した毛布。現在は災害用として使用されることが多い。

・シール織毛布。シール織り毛布は織り込まれたパイル糸を表に引っ張り出す独自の製法により発達し、シールはアザラシの毛皮の意味。シール織りは綿やウール、シルク、などの天然繊維を原料とする。両面のパイルが挟み込まれて織られているので、洗濯による形状変化が少なく、肌触りが柔らかな毛布。一般的には織りの起毛毛布よりシール織り毛布や編みのマイヤー毛布のほうがパイルが抜けづらいとされている。

織り毛布や編み毛布は原料が安い為、現在はほとんどが中国製品になっている。製造ロットが大量生産型な上、化学繊維は取り扱い易く、設備が最新であれば製造し易い側面がある。保温性は高いが放湿性がない為、蒸れ感が気になる方は睡眠の質に影響する。

 

■ 素材分類

【天然繊維】

・綿 組織には織りと編みがあり、それぞれ番手の違う糸が使用され洗濯性に優れている。

・絹 美しい光沢があり、保湿性に優れている。

・毛 羊毛と獣毛に分類される。

・羊毛 メリノ種が使用されることが多く、繊維の太さが比較的均一で、細く柔らかいことが特徴である。

・カシミヤ 産地により繊度や色あいが異なる。原毛は色によって区分けされ、ホワイト色の原毛が最も高価とされる。繊度は細く柔軟で、保温性、吸湿性に富み、光沢とヌメリ感がある。中国産の繊度は14.5~16.5μmと非常に細く柔らかである。(原産国は、中国、モンゴル、イランなど)

・アルパカ 羊毛と獣毛の両方の特性を持ち、光沢やヌメリ感があり、柔軟である。繊度はベビーアルパカで平均21~23μm、アダルトアルパカで平均27~28μmで、繊維長は100~300mmである。(原産国は、ペルー、チリなど)

・キャメル フタコブラクダから取れるキャメルの毛質はカシミヤに似ているが、繊度がカシミヤより太く、平均18~23μmである。柔軟、軽量で保温性に富み、吸湿性、弾力性がある。(原産国は、ロシア、モンゴル、中国(チベット)、イラン、イラクなど)

・ビキューナ ビキューナは繊度10~14μm、長さは20~50mmの細く柔らかいうぶ毛である。家畜化が難しいため生産量が極めて少ない品種である。(原産国は、ペルー、ボリビア、チリなど)

 

【化学繊維】

・アクリル 軽くて、かさ高、保温性に優れるなど、化学繊維の中では羊毛に類似した特性もある繊維である。耐光性に優れ、虫やカビにも侵されにくく、発色性が良い繊維である。

・ポリエステル 強く、シワになり難く、耐熱性の高い繊維である。また、速乾性にも優れている。

 

■ 取扱方法

・羊毛・獣毛毛布、シルク毛布

干す際は、直射日光を避け、陰干しする。汚れた場合はドライクリーニングをする。毛乱れが生じたら、毛並みに沿って一定方向にブラッシングすると風合いが良くなる。

・綿毛布

家庭用の洗濯機で洗濯が出来る。毛羽が出易いので、屑取りネットの使用などの対策が必要である。

・アクリル・ポリエステル毛布

手洗い、または、家庭用洗濯機の弱流水で洗濯できる。ドライクリーニングの場合は石油系溶剤でのクリーニングになる。タンブル乾燥は風合い変化を起こしやすいので注意が必要である。

 

■ 毛布製造工程

・精紡

カード機で巻きあげられた糸は、まだ、撚りがかかっていない。「精紡機」は撚りをかける工程。こうして完成した糸は、毛布の巾丈となる経糸(たていと)を精紡機でビームに巻きかえる。一方、緯糸(よこいと)は、ワインダーで紡錘型に巻きかえるが、普通織機用の場合は、さらに「管巻機」によりシャトルに入れる管に巻きかえる。

・製織工程

織機には、普通織機とレピア織機がある。製織には、経糸(たていと)の間にシャトルまたは、レピアで緯糸(よこいと)を往復させ、織りあげていく。最新鋭の織機では、その往復のスピードが1分間に150回、その動きは目でとらえることができない。柄(がら)を織っているのは「ジャガード機」。穿孔(せんこう)された紋紙(もんがみ)によって、緯糸(よこいと)がコントロールされ、指定された模様が織りあげられる。

・染色工程

検反(けんたん)を済ませた毛布は、「洗い」「染色」「水洗い」の工程に進む。

・起毛工程

織りあがったばかりの毛布は、毛布というよりも絨毯(じゅうたん)に似た手触りである。これを「起毛機」にかける。これは、数多くの針布ローラーの組み合わせでできており、毛布は、この針布ローラーの間を通る間に、毛羽立つ(起毛)。起毛は、毛布づくりでは、最も重要な工程のひとつで、起毛師は、指定された風合いを生み出すためには、かなりの熟練を要する。

・シャーリング

起毛が終わると、次の工程は「シャーリング」であり、毛羽の長さを一定に刈り揃え、毛玉を防ぐとともに、色、柄を鮮やかに浮き立たせる。

・編み組

マイヤー毛布は、まず、カールマイヤー機で2枚の地布の間をパイル糸で編みあげ、その間をカットして、2枚に分離させる(センターカット)。プリントや毛さばき、裁断工程を経て、「張合ミシン」でセパレートされていた2枚の毛布の裏と裏を張り合わせる。

・毛さばき

織り毛布は起毛で風合いを出すが、マイヤー毛布は、撚った糸を元の繊維に戻すため針布ローラーで「さばき」、風合いを出す。

・ポリシャー

縮んだ毛布を熱をかけて伸ばし、さらに艶を出して、独特の風合いを出す。

・縁飾り

毛布の四方をテープで縫製する。