Monthly Archives: 8月 2015

麻掛け布団

夏も終わりに近ずき、少しずつ暑さもやわらいで過ごしやすくなってきます。

そんな時ピッタリなのが、麻の掛け布団です。

麻は天然素材の中でも、もっとも吸湿性,方湿性、熱伝導性に優れ、

ふとんの中の熱と湿気をコントロールしてくれる、寝具にはピッタリの素材です。

しかも、中綿麻100%が入ることで厚みが増し、足元まで掛けたら、

冷えて眠れないということはありません。

麻の掛け布団をご使用になるには、今の季節快適にお過ごし頂けます。

風薫るふわふわ麻わた敷きパッド1

ひんやり寝具

8月も後半になってまいりましたが、まだまだ暑い日は続きそうですね。涼しく快適に眠れる寝具はもう手に入れましたか?一口にひんやり寝具と言ってもいろいろなタイプがありますよね。

ジェルの入っている物や空気を通して通気性を良くした物、化学繊維を使ってひんやり加工をした物などさまざまな商品があります。

でも天然素材、特に麻なんかは特別な涼しさを感じますよね。麻の持つ天然の清涼感。使った人でないと伝わらないのが残念ですけど。特にエアコンの苦手な方、寝汗の多い方などは良いんではないでしょうか。 私、麻はオススメですよ。

風薫るリネン3重ケットimg2新風薫るリネン肌掛布団img3風薫るふわふわ麻わた敷きパッド1

マットレス

まだまだ、暑くて昼も夜も過ごしにくい日が続いてますね。

特に寝る時も冷房がなくては寝苦しく、夜中に目を覚まし、布団も

汗を沢山すってしまいますね。

夏場のマットレスや敷布団のケアはどのようにしているでしょうか?

本来なら天日干しするのが良いのでしょうが、夏は紫外線も強く

マットなど傷めてしまうし、何より布団が熱くて眠れないなんてことも

ありますよね。

マットレスなどは夏は外で干すより、室内干しや、ソファーなどにのせて

エアコンで少し冷風にあてると湿気が抜けやすくなりますね。

そのうえほどよく冷えているので気持ちよく眠れそうですね。

又、どんな天気、時間にも関係なく干すことが出来るのでありがたいですね。

この夏、マットレスを干すのに一度ためしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

麻の敷きパッド涼しいだけでなく・・・

寝苦しい夏ですが、みなさん心地よい睡眠時間が取れていますか?

我が家で今使っている麻の敷きパッド3種類ありますが、ただ涼しいだけではないんです!

柔らかく肌触りがさらさらで心地良くて、背中に熱がこもらず寝付きがいいです。

これだけ猛暑が続くとたしかに、エアコンなしでは夜中に暑くて目が覚めてしまうのですが、寝入りばなが、良くなり麻の敷きパッドはやっぱり違うな!と思いました。

以前は綿のパットが固くごわごわしていたので、その上にシーツを使っていました。

今は麻の敷きパッドは肌触りが良いので、一枚で使っています。

麻なので、洗濯も楽で乾きが早く、以前は中綿が乾いているか心配で、2日掛けて干していましたが、今は、朝干してその日のうちに乾いてしまいます。

洗濯が気にならなくなり、清潔に使えています。洗濯機にも入る大きさも気に入っています。

洗濯img2

湿気を調節してくれるので、麻の敷きパッドは一年中活躍しています。

手軽に使える夏用寝具 「クールワンリネンピロークロス」

寝苦しい夏。厚さで体力も消耗するこの季節、良い睡眠をとりたいですよね。

良い睡眠とは、短時間でいかに深く入眠できるかがポイントになります。「頭寒足熱」ということばの通り、頭を冷やして、足を温めることがポイントです。寝苦しい夏は、頭を程良く冷やすことで寝付きが良くなります。まず冷やすべきは「頭」ということですね。

頭を冷やすというと、真っ先に思い浮かぶのがジェル状のシートの類ではないでしょうか。

このジェルシート、冷えた状態の時はとても気持ちよいのですが、冷たすぎるという難点もあり、好みが分かれるところです。また一定の時間を過ぎるとぬるくなってしまい、その後はまったく効果が得られないので、入眠を助けるアイテムと理解した方がいいですね。

私が気に入っているのは、この夏発売になった「クールワンリネンピロークロス」。これは、写真のように一枚の布の状態になっているもので、表面はクールワンという冷感素材、裏面はリネン生地が使われています。

C-1リネンピロークロスimg10

ジェル式と異なり、一度熱くなっても、寝返りを打てばすぐに元の温度に戻るという特性があります。そのため一晩中涼しいままです。

C-1リネンピロークロスimg11

このクールワンリネンピロークロスの良いところは、一枚布になっているところ。

枕に巻くだけじゃなく、広げれば冷やしたいところどこにでも使えるという点が嬉しいです。私は首から背中の上部にかけて使用していますが、息子は足が火照ると言って、膝から下に使っています。

C-1リネンピロークロスimg25

実は会社でもお尻の下に敷いています。蒸れないし、時々裏返せば、またヒンヤリ感が戻ってきます。

夏の睡眠において、蒸し暑さをてっとり早く解決する方法と言えばエアコンですが、これは眠りと健康に悪影響を及ぼすクセモノです。クーラーをつけっぱなしで眠ってしまい、腰痛、腹痛、関節痛、胃腸障害、肌荒れなどを経験した方、睡眠中に冷えすぎてしまい、風邪をひいたり、寒くて目覚めてしまったり・・といった経験をお持ちの方も多いと思います。また、省エネの面から考えても、エアコンに頼らずに良い睡眠を手に入れたいと考える方って多いんじゃないでしょうか。そんな、健康志向の方、よりよい睡眠を求める方、省エネを心がけたい方にぜひおすすめしたいアイテムです。

リネンの面と、クールワンの面、両面好みで使えます。

綿やポリエステルのベッドパッドの場合、部屋にホコリが出ますが、クールワンリネンピロークロスは出にくい素材です。その点で、アレルゲン対策にも向いていると思います。

リネンの肌掛け布団

夏に使うふとんといえば、涼しくて汗をよく吸ってすぐ乾いて肌触りがよくて、

いつもさらさらで気持ちのよいものが、リネン肌掛け布団です。

お手入れも簡単で、手軽に洗濯機で洗えて、いつも清潔に

お使いいただけます。

今年の夏は特に暑いので、リネンの肌掛け布団で快適にお休み下さい。

新風薫るリネン肌掛布団img1

 

All about 三河木綿6重ガーゼケット掲載

三河木綿6重ガーゼケットがAll aboutに掲載されました。どうぞご覧ください。♪

肌触り最高! 三河木綿 6重ガーゼケット

三河木綿 6重ガーゼケット

三河木綿 6重ガーゼケット(山繊製)

夏は眠っているあいだに、タオルケットなどの寝具が、体にからみつくことがあります。そうなると、暑いばかりでなく、寝返りもしづらくなります。

寝返りには、睡眠の深さや種類を切り替えるスイッチの働きもあります。ですから、自然に寝返りができないと、睡眠の質が悪くなってしまうのです。

吸湿・放湿に優れ、軽くて肌触りの良い夏用の寝具として、三河木綿でできた6重のガーゼケットをお勧めします。三河木綿6重ガーゼケットは、寝床の中の温度や湿度を快適に保ち、しかも体にまとわりつきにくいので、寝返りの邪魔になりません。

三河木綿6重ガーゼケットの肌に触る部分は、60番手という細い糸を使っているので、肌触りがとてもなめらかです。一方、中の部分は空気をしっかりためられるように、太めの40番手の糸を使っています。

実は、糸の太さが違う生地をふっくらと縫い合わせるのは、とても難しいことです。三河木綿6重ガーゼケットには、千年の伝統を持つ三河木綿の職人さんの熟練した技術が生かされています。

■「三河木綿 6重ガーゼケット」製品仕様
サイズ:約140×200cm
重量:約1,000g
材質:綿100%
洗濯:家庭用洗濯機で可能
価格:10,584円(税込)
製造:山繊
製造国:日本